• トップページ
  • のあっく自然学校とは
  • のあっく自然学校の特長
  • キャンププログラム
  • 安全管理体制

カウンセラーの活動紹介

 
bg
bg
  • トップ
  • カウンセラーの活動紹介

のあっく自然学校では、1年間を通してスタッフ・所属ボランティアに様々な研修を行っています。

安全管理・リスクマネジメントはもちろん!子どもたちの関わり方や野外技術、コミュニケーションの取り方など

内容は多岐にわたります。 ボランティアに興味関心がある方はご連絡ください!

1&2年目カウンセラー研修(2018年11月3日-4日)

カウンセラーになって1年目、2年目のカウンセラーのための研修!目的は「仲を深めよう!」3,4年目のカウンセラー達の仲の良さに憧れて、提案・企画からカウンセラー達自身が行いました。

2日間にわたり、おおすぎを使いやすくするための看板を作成!たくさんのアイディアを出し合いながら素敵な看板を仕上げていきました(^^)

最後はみんな「楽しかった~~!」と一言。がんばって企画したかいがあったね♪

image

ファーストエイド研修(2018年10月24日)

今回は京都橘大学救急救命科の先生をお呼びして「身近な怪我の対処法」について学びました。

キャンプで多い擦り傷、切り傷や捻挫、火傷など"こんな場合はどうするのか"を細かく学ぶことができました!
カウンセラーたちは真剣そのもの!冬のキャンプに向けて改めて怪我の対処を振り返るいい機会となりました。

imageimage

こどもホスピス×のあっく自然学校 「出張!お魚倶楽部」(2018年10月8日)

子どもホスピスとは、命を脅かす病気をもつ子どもたちの学び、遊び、憩い、やってみたいと思うことを叶え、「生きる」を支える場所です。

そんなこどもホスピスさんから企画を依頼され、カウンセラーが主体となり「出張!お魚倶楽部」を行いました。

ホスピスの子ども達は海に行ったり、泳ぐ魚を見たり…そんな機会も少ないのではと思い、泳ぐ魚を見て、触って、学んで、調理して、食べて…「お魚倶楽部」を通して「ほんまもん体験」をしてほしい!という思いで開催しました。

子ども達からは「お魚ぬるぬるする!」「頭が切れても動いている!」「お魚っておいしい!」そんな声が聞こえてきて、本物の魚にふれ合ったからこそ出てくる一言一言に嬉しさを感じました!

病気があるからできない、じゃない!子ども達に「ほんまもん」の体験を提供することができ、カウンセラー達は「本当にこの企画をやって良かった!」と顔を輝かせていました。

 

企画カウンセラー:松浦 紗里(ちゃき) 奥田 遥奈(はるちゃん)

協力カウンセラー:堺 遥(ちゃちゃ)

imageimage

秋の運動会!(2018年9月24日)

夏休みキャンプお疲れ様~!も込めた秋の運動会♪ただの運動会ではなく、キャンプの知識やのあっくのあれこれを楽しく、体を動かしながら学べるプログラムが盛りだくさんでした!

チーム対抗戦でしたが、みんなでワイワイ盛り上がりチーム関係なく仲を深めることができました(^^)

imageimage

救急法(2018年7月11日)

夏休みキャンプに毎年必ず行っている救急法研修!街中では救急車はすぐ来ますが、キャンプ場では違います。そんな野外の活動下で、万が一のことが起きた時。そんな時にどう行動するか、自分たちに何ができるのかを3時間、実技を交えながらじっくり学びました。

子どもを預かるということの責任を再認識する大切な時間となりました。

imageimage

作文研修(2018年6月16日)

作文教室の先生をお呼びして、文章の書き方を教えていただきました!

宿泊のキャンプでは、カウンセラー達に子どもたちの様子を報告する「健康の記録」を書いてもらっています。毎回カウンセラー達はこれに大苦戦!

文章を書く時のコツを教えていただき、書き方のヒントを得るいい時間となりました!

image

おおすぎ研修(2018年4月29日-30日)

年度はじめの顔合わせ!関西と岡山のカウンセラー共同の研修をおおすぎで行いました!

「はじめまして」はやっぱり大人でも緊張するもの…その緊張をほぐすためにアイスブレイクゲームをしたり、ちょっと踏み込んで自己開示のやり方を学んだり、夜はみんなでパーティーをしたり!

とても濃い1泊2日となりました(^^)

imageimage

  • お申込み
  • よくある質問
  • お問い合わせ